好きなことを仕事にしよう!

好きなことを仕事にするのは、夢ではありません。多くの人の中には、プロのマンガ家になりたいと考えている人も沢山います。そのためにもマンガ家に必要なスキルを身につける必要があるのです。現在では、全国各地に様々な専門学校があり、マンガを学ぶ専門学校などもあったりするので、プロを目指すのであれば通うことをおすすめします。

マンガに関わる職業

  • ストーリーや構成などを考えるマンガ作家
  • マンガ作家に対してアドバイスなどをする編集者
  • マンガ作家を陰で支えるアシスタント
  • ストーリーのみを考えるシナリオライター
  • マンガの表紙を作成するグラフィックデザイナー
  • マンガなどの創作物を印刷してくれる印刷会社
  • 好きなマンガをプッシュして販売できる本屋さん
  • マンガを読んでレビューを書くマンガ評論家
  • マンガの知識や技術を生徒に教えるマンガ講師
漫画

将来の職業にするため

将来マンガ家になろうと考える人は現代で多く存在しています。日本ではマンガが流行していることもあり、それは海外でも評価が高いものとなっています。その影響もあり、マンガを描くことができるようスキルアップのため、マンガの専門学校に進学する人も増えています。専門学校ではどのようなことを学ぶのかといいますと、基本のみならず、テーマに沿って短編ストーリーを描く勉強など様々なことを学びます。そしてある程度成績が高まれば、出版社の人が集まるイベントに招待され、オリジナルのイラストや漫画を診てもらいアピールすることもできます。アピールした人の中には、実際に出版社に認められプロデビューに向けての指導を受けることもあります。そして現にプロデビューした人も何人もいます。

学校にかかる額

マンガの専門学校に進学する場合、本当にマンガ関連の職に就く気持ちで学ぶことが大切です。手に職をつけるだけの気持ちでは、なかなか職に就くことができない場合もあります。それだけ特化している職業でもあり、机に向かって又はパソコンの画面に向かって作業する時間が多い仕事なので、好きな気持ちを持っていなければ続けるのは難しい職業になります。その気持ちを持ってまでマンガの専門学校に進学する場合は、費用はどのくらいかかるのかといいますと、おおよそ卒業できるまで300万円ほどかかるといわれています。

夜間部もあります

昼間部の場合はそれほどの額がかかりますが、専門学校によっては夜間部を設置しているところもあります。夜間部となれば昼間部よりも学費は抑えられるといわれていますが、本格的にマンガ関連の職に就きたい人にとっては、昼間部のほうが良いかもしれません。なぜなら、就職には夜間部は不利といわれています。しかし夜間部でもしっかりスキルを身に着け、自ら出版社にアピールしてプロになった人も存在しているので、夜間部でも学ぶことは十分可能です。

広告募集中